TORANA TECH

Torana の開発ブログ

PHP 7.4->8.0にバージョンアップしました~Swoole 4.8.2を添えて~

@watarukuraです。 社内向け管理画面のMadrasPHPバージョンを7.4から8.0へメジャーバージョンアップしました。 苦労話を共有させてください。

PHP7.4->8.0移行計画

まず、ドキュメントを書きました。 これにより、なんでこれをやってるんだっけ、ということを明確にします。

f:id:watarukura:20211125101346p:plain
esa

公式ドキュメントを熟読します。 下位互換性のない変更点

↓こんな移行作戦を立てました。

  1. ローカル開発用のDocker環境がPHP8.0で動くようにする
  2. ローカルでのテストが全部通るようにする
  3. CI用のDockerイメージをPHP8.0でも作って、手動でCIを回してテストが全部通るようにする
  4. 通常のCIはPHP7.4で動作させておき、本番deploy後にPHP8.0イメージでCIを回す
  5. stg環境にPHP8.0を導入して動作検証する
  6. 本番移行手順を作る
  7. 本番移行する

ポイント

PHP7.4とPHP8.0でcomposer.jsonを共通化する

  "require": {
    "php": "^7.4||^8.0",

毎回composer.jsonを修正して検証用ブランチにpushしてGitHub Actionsのworkflow_dispatchで手動実行していたのです。(修正しないとcomposer validateで落ちる) 上記の修正後は検証用の専用ブランチではなくdefaultブランチで検証できるようになったので、本番へのdeploy後にGitHub Actionsのworkflow_run機能でPHP8.0用のCIを回すところが自動化できました。

@ 演算子は、致命的なエラー を隠さなくなりました

急にテストでHTTPステータス400エラーを期待している箇所で500エラーが出るようになりました。 ログを見ると、array_keys(): Argument #1 ($array) must be of type array, null given というエラーが出ています。

$hasX = @count(array_keys($hash['x'])) !== 1;

なるほど。

- $hasX = @count(array_keys($hash['x'])) !== 1;
+ $hasX = count(array_keys($hash['x'] ?? [])) !== 1;

\Symfony\Component\Process\Processは生きてるのに\Swoole\Coroutineは死んでる

これが一番のハマりどころで、移行が1週間遅れました...。

バッチ処理の高速化のために\Symfony\Component\Process\Processを使ってマルチプロセスで実行している箇所があるのですが、$process->isRunning()がtrueを返すのにSwooleのCoroutineがWARNING swoole_signalfd_event_callback(): read from signalfd failed, Error: Resource temporarily unavailable[11]って警告を吐いて死んでしまっていました。

(余談ですが、signalfdってsignal用のファイルディスクリプタなんですね。初めて知りました Man page of SIGNALFD)

原因として推測したのは、PHP8.0ではexit()は例外と同じ挙動になるようで、この辺りはSwooleでもIssueがいくつか上がっていました。 移行を始めた時点はSwoole4.8.1を使用していたのですが、バグにハマっている間に4.8.2がでており、ReleaseNoteをみると、Fixed cannot exit directly when a fatal error occurs in PHP8 environmentとの記述が! しめしめとバージョンアップしてみたものの、残念ながら同じ警告がでました...。

SwooleのソースもPHPのソースも読んでも何もわからん(CとC++を読んで原因までたどり着ける力量がない)ので、ワークアラウンドとしてtimeoutを設定するようにしました。 これで、異常時は検知できるので、拾ってリトライすれば良さそうです。

  $process = new Process(['ls', '-lsa']);
+ $process->setTimeout(3600);
  $process->start();

  while ($process->isRunning()) {
      // waiting for process to finish
+    // check if the timeout is reached
+    $process->checkTimeout();

      usleep(200000);
  }

  echo $process->getOutput();

まとめ

2021/10/01から開始したPHP8.0移行プロジェクトは、本日11/26の動作検証を以て完了となります。 PHP8.0に起因していない障害(cronの記述ミス...)こそあったものの、日次のバッチ処理は正常に稼働しており、まずは成功と言えるのではないでしょうか。

さて、昨日11/25に待望のPHP8.1が来ました! Fibersにより、いよいよPHPで非同期処理が公式サポートされるようになります。 PHP8.0移行プロジェクトの終了と同時に、PHP8.1移行プロジェクトの幕開けとなりました。 (その前にLaravel6->8移行プロジェクトもあるのですが...) では、次のプロジェクト完了報告でお会いしましょう...!